GoGo独酌

アクセスカウンタ

zoom RSS [本]北朝鮮へのエクソダス(テッサ・モーリス-スズキ)

<<   作成日時 : 2008/01/03 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 さて、気づけば新年を迎えていたのであった。初夢は覚えていないが、Last Train Homeが流れていた。これは島からの帰りの船の2等和室で、ずーっと聴いていたせいだと思われる。揺れがひどくて、船酔いしそうで音楽聴く以外何にもできなかった。モバイルは無論入らないし。大鳥神社の初詣のおみくじは中吉でした。「地道にがんばりなさい」みたいなマイルドなアドバイスが身に沁みます・・・。

 今日読んだ本は、「北朝鮮へのエクソダス―「帰国事業」の影をたどる」(テッサ・モーリス-スズキ)。オーストラリアの研究者が、日本人読者のために英語で書いた本。「帰国事業」に対する赤十字の深いコミットメントにびっくり。日本赤十字社は、我々の生き血を(文字通りの意味で)吸い上げている割にクローズドな組織で、広報も通り一遍なのがヘビー献血者としては大変不満なのですが、こんな裏があるならそれもしょうがないか。それでも献血はするわけなのですが・・・。薬飲んでるからここしばらくはできないけど。

 メディアの情報を丸呑みしてはいけない、ということがよく分かる本です。だってえらいひとが情報を操作しているから。帰国船で北朝鮮の港に入った人々が、地元の人の格好を見て即「戻りたい」と思ってしまった、というエピソードがしんどいです。筆者は、いつか北朝鮮が外部に窓を開いたとき、帰国者が北朝鮮と外の世界の架け橋になる日を期待していますが、それを実現するのはいつ?
北朝鮮へのエクソダス―「帰国事業」の影をたどる

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
massdaの最近読んだ本
[本]北朝鮮へのエクソダス(テッサ・モーリス-スズキ) GoGo独酌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる