GoGo独酌

アクセスカウンタ

zoom RSS [旅]芝加哥

<<   作成日時 : 2012/09/15 17:14   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 夏休みの家族旅行はシカゴ。長めのお休みを取り家族サービスしました。かなり頑張ったので当分勘弁してほしい…。

ミシガン湖畔から見たビル群


 メインのイベントは第70世界SF大会Chicon7、かつ娘をお知り合いにご挨拶させること。私の任務は、自立二足歩行とおしゃべりを始めたコイツを(比較的)静かな状態にキープすること。滞在したのはシカゴ中心部のハイアットリージェンシーで、マグニフィセントマイルのそばでした。東京でいうなら銀座。今回も最大の心配はおむつの確保でしたが、ホテルの裏手にドラッグストアのCVSがあり、サイズ4(日本のマミーポコ・ビッグより大きいサイズ、よりは若干小さめ)のパンツタイプのおむつをつつがなく確保できました。

 16か月の赤ちゃんがワールドコンのプログラムに参加できるわけもなく、滞在中はホテルの裏手にあるミレニアム・パークで遊んだり、安い子供服の買物に行ったりして日中の時間を過ごしました。ミレニアム・パークには子供が遊べるような、仮設テントの遊技場があり、フォークソング学校の人がギターで歌ってくれたり、絵本の読み聞かせのイベントも毎日実施されていました。誰でも入れて助かりました。お母さんが子連れで来ているのは日本と同じですが、ナニー(子供と明らかに人種が違う成人女性)に連れてこられてきている子がいるのが米国っぽかった。

夏の家族向けプログラム


 今回一番きつかったのは、子供の時差ぼけ。マンジューカに子供を入れて深夜1時から3時半までホテルの中をうろついたり(ホテルスタッフとはなるべく目を合わせないようにしていた…)、一番ひどい時は午前2時から朝までぶっとおしでホテルの中で遊んでました。マジでもう泣きそうでした。ワールドコンの開催期間中は、コンスイートで徹TRPGをやってる人たちとかがいて、それほど寂しくはなかったけど。

 それでも何とか1個だけ参加したプログラムは、「作家のディヴィッド・ブリンとかと民主主義の未来について語ろうぜ」、というもの。しかし、混んでいる部屋の隅で体育座りで寝落ち。睡眠2時間で英語の企画とかって、無理。聞いてられない。子煩悩で有名なブリンさんが「ぼかあ子どもの髪の毛のにおいを嗅ぐのが止められないんですヨ!」って言ってたのはうっすら覚えてるけど。

 このように、シカゴまで行ってあまりに己に益するところが少なかったため、ホテルのロビーのレストランで8オンスのステーキを食べて自分を慰めました。220gちょっとの肉なんか、ぺろりと食べられますよ! シカゴの近所の牧場産の牛肉で、付け合せとパンと合わせて27ドル。東京のハイアットで食べたら¥5kオーバーだと思う。円高万歳!筋など全くない赤身のお肉でとてもおいしかった。こんなにでかくて食べやすいステーキを食べたのは30余年の人生で生まれて初めてでございました。これのみでもシカゴまで行って良かった、ということにしておこう。

 あとは、シカゴ水族館に行ってクトゥリッシュな装飾を探したり、
タコランプ

お土産買わないと脳みそを食べちゃうタコ

 シカゴ美術館で「ナイトホークス」を見たりしました。「ナイトホークス」は私立探偵の煉獄を描いた絵だと思った(「Ashes to Ashes」的な意味で)。

時空刑事1973 ライフ・オン・マース DVD-BOX I
ポニーキャニオン
2008-11-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 時空刑事1973 ライフ・オン・マース DVD-BOX I の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
massdaの最近読んだ本
[旅]芝加哥 GoGo独酌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる