GoGo独酌

アクセスカウンタ

zoom RSS [旅]14年夏の社交シーズン(2)テムズ川流域

<<   作成日時 : 2014/11/09 08:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 14年夏のハイライトは、子連れで英国に里帰りw ワールドコンもロンドン開催ということで、無理やり休みをとって帰省したのでした。往路はなぜかミュンヘン乗換で、しかしトランジットでは疲れ切っていてビールを飲む元気もありませんでした。飛行機の中で見た「ノア 約束の船」が、自分的映画評価スコア(1.非常に面白い 2.面白い 3.一杯飲んでれば面白い 4.泥酔していても耐え難い)でいうと4だったせいもあるかもしれない。

 まず、親戚の家があるテムズ川流域の町、レディングに滞在。


女王陛下の魔術師 (ハヤカワ文庫FT ロンドン警視庁特殊犯罪課 1)
早川書房
ベン・アーロノヴィッチ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女王陛下の魔術師 (ハヤカワ文庫FT ロンドン警視庁特殊犯罪課 1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 でいうならパパ・テムズの領地であり、大学のボート選手が超高速で美しい川を下っていくのをメガホン持った監督が自転車で追尾しているのを見ながら水辺で白鳥にパンの耳を与えているとガチョウに包囲され3歳児号泣、みたいな感じ。宿泊は川っぷちのクラウンプラザ・レディングで、朝食の時に余ったパンの耳をスタッフの人が餌付用に袋いっぱいくれました。

 このロンドン警視庁特殊犯罪課のシリーズは、今のロンドン周辺の状態をとてもよく描いている反面、地元民向けなところもあり、「翻訳が良くない」と言われているのは単に日本の読み手側が分かってないだけな可能性が高いとおもいます。スーパーの微妙な格付けによる地域ごとのランク付けとか。 レディングはロンドンから電車で1時間ぐらいかかる退屈なド田舎だと思っていましたが、テムズ川沿いは高級住宅地なのかも、とようやく気付いたよ。。。。Waitroseがあるし。

 その後、ワールドコン会場になっているエクセルロンドンのそばのちっちゃいホテルに移動。エクセルロンドンは、ロンドンの東の果ての川沿いにあり、ママ・テムズの領地ど真ん中な感じ。最寄りのスーパーは独立系でレジにいるのはアフリカ移民の男性とチャビィなパツキンのお姉ちゃんで新聞はSUNみたいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
massdaの最近読んだ本
[旅]14年夏の社交シーズン(2)テムズ川流域 GoGo独酌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる