GoGo独酌

アクセスカウンタ

zoom RSS 幼児向け子供番組(英語)

<<   作成日時 : 2015/06/06 11:03   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 子どもがTVを視聴する時間については様々な意見がある。「絶対見せない!」という人もいる一方で、オランダとかフィンランドの人が英語ペラペラ、の理由は幼少時からTVでふんだんに英語の番組を見られるから、という話もあり。 少なくとも日本では、メディアの力なしにはバイリンガルには絶対なれないと思う。

 拙宅では具体的に時間を限ったりはしていないが、「あんまり続けて見せない」程度の緩いルールはある。

 混沌がふれる日本語の子ども番組は(私の好みを反映して)ドラえもんとウルトラシリーズとあと鬼太郎と妖怪ウォッチとかである。対して英語プログラムは、家人が子どもの頃見ていたのをノスタルジーで大人買いしたのとかDr.WHOであり、やや日本勢に押され気味であった。Dr.WHOはイギリスのオタクが気合い入れて作っているので幼児にはマジ怖い(時がある)。

 そこで年齢相応で最近の作品を探してもらって、大当たりしたのがこれ。
 

Octonauts: Here Come the Octonauts [DVD] [Import]
Octonauts
2014-01-07
Octonauts

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Octonauts: Here Come the Octonauts [DVD] [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 1エピソード10分ほどのショートアニメ。タコに耳が付いているのは、オオクラゲダコ(ダンボオクトパス)という深海ダコだから。海洋生物学者のチェックが入っているとのことで、毎回ゲストで出てくる海洋生物の形や生態はかなり本物に近いらしい(しゃべること等を除く)。ファンシーなクマムシ(声はおっさん)が出てきたのにはびびった。特徴を押さえつつかわいいキャラに仕立てる手腕は日本のゆるキャラメーカーの斜め上を行っていると思いました。

 この作品はBBC制作で、グッズ類も豊富。混沌は小さい人形のセットを買ってもらって、ウルトラ怪獣のソフビ人形と合わせて「オクタノーツ アンド スキュラ!」等と言いながら遊んでいます。

 アニメ映画では、これ。

SECRET OF KELLS

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SECRET OF KELLS の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




SONG OF THE SEA

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SONG OF THE SEA の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 Song of the Seaはアイルランドの海の妖精セルキーの伝説、The Secret of Kellsはアイルランドの国宝の装飾聖書「ケルズの書」にまつわる伝説をベースにしたお話。起源がアイルランドだけに音楽が大変素晴らしい。画面の使い方も面白いし美しかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
massdaの最近読んだ本
幼児向け子供番組(英語) GoGo独酌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる